汗の治療(対処)法の種類 塩化アルミニウム

塩化アルミニウム − 汗の治療(対処)法

人によって効果はまちまちのようですが、塩化アルミニウムを使用することによって、脇、手のひら、足などの局所多汗症に効果が期待できます。

 

塩化アルミニウムを含む制汗剤には、市販品(医薬部外品)としてテノール液、オドレミン、エキシウクリームなどがあり、病院で処方されるものとしては塩化アルミニウム水溶液があります。

 

塩化アルミニウムを使用して得られる効果は、制汗に加えて防臭も挙げられますが、塩化アルミニウムは刺激の強い化学物質でもあるので肌が弱い人は、「かゆみ」や「ただれ」などを起こす場合があります。

 

また、顔に使用することは基本的にできませんし、顔以外の場所であっても日常的な使用は勧められていません。このように、多汗症の治療に塩化アルミニウムを使用するということは、 あくまで短期的、一時的なケースでの場合になります。

 

塩化アルミニウムを使用して「かゆみ」や「かぶれ」が起こった場合は、すぐに使用をやめ、副作用が改善されて再度使用する場合には、濃度を薄めて使うようにしましょう。

 

刺激の強い化学物質ですから使用前には、専門家の説明を受けた上で使用することをお勧めします。

 

 

 汗の治療(対処)法の種類